■ホストを始めたきっかけは?

中学時代、自分の頭が良くないことに気付いたんです。子供ながらに「大人になったとき、こんなバカなのに何をしたらいいんだ」と不安になって、親に相談しました。そこで「顔は良いんだからホストをやればいいじゃん」と言われたのがきっかけですね。両親が水商売をやっていたことも影響していると思います。

■「未成年」で苦労したことは?

最初にALL BLACKに入ったとき、営業時間が2部だったんです。そこから1部に変わるまでの半年間は、かなりきつかったですね。2部は朝から営業で既に酔っ払って来店されるお客様が多かったので、お酒を飲めない僕は周りのテンションについていけませんでした。1部に変わって客層やテンションが変わって、そこからある程度やっていけるようになりました。

■ホストを始めたきっかけは?

中学時代、自分の頭が良くないことに気付いたんです。子供ながらに「大人になったとき、こんなバカなのに何をしたらいいんだ」と不安になって、親に相談しました。そこで「顔は良いんだからホストをやればいいじゃん」と言われたのがきっかけですね。両親が水商売をやっていたことも影響していると思います。

_TK_3194

■「未成年」で苦労したことは?

最初にALL BLACKに入ったとき、営業時間が2部だったんです。そこから1部に変わるまでの半年間は、かなりきつかったですね。2部は朝から営業で既に酔っ払って来店されるお客様が多かったので、お酒を飲めない僕は周りのテンションについていけませんでした。1部に変わって客層やテンションが変わって、そこからある程度やっていけるようになりました。

■ホストを始めるには早い方が良いと思いますか?

絶対に早い方がいいと思いますね。僕は年下の子に敬語を使いたくなかったので、若いうちからやろうと決めていました(笑)。当たり前ですけど、早く入ればその分長く業界に関われるし、巡ってくるチャンスの数も多くなると思います。それに若くして売れればお店の重要なポジションにも早く就任できて、貴重な体験もできますしね。

■ホストの楽しいところは?

僕にとって「ホスト=楽しい仕事」なんですよね。多分、誰よりもこの仕事を楽しんでいると思います。女性と会話できて、お酒が飲めて、お金を稼げる。ダメな点がひとつもないじゃないですか? 色々と大変なこともありますが、その分得るものも大きいです。

■ホストを始めるには早い方が良いと思いますか?

絶対に早い方がいいと思いますね。僕は年下の子に敬語を使いたくなかったので、若いうちからやろうと決めていました(笑)。当たり前ですけど、早く入ればその分長く業界に関われるし、巡ってくるチャンスの数も多くなると思います。それに若くして売れればお店の重要なポジションにも早く就任できて、貴重な体験もできますしね。

_TK_4532

■ホストの楽しいところは?

僕にとって「ホスト=楽しい仕事」なんですよね。多分、誰よりもこの仕事を楽しんでいると思います。女性と会話できて、お酒が飲めて、お金を稼げる。ダメな点がひとつもないじゃないですか? 色々と大変なこともありますが、その分得るものも大きいです。

■AIR GROUPのバックアップ力は感じますか?

まだ入ったばかりだった頃から、看板や雑誌のモデルなどに起用してもらえたからこそ、今の自分があるんだと思います。僕自身もそういったお店やグループの期待に応えようと努力してきたことで結果がついてきたので、バックアップ力はすごく感じています。

■「職業、イケメン。」への思いは?

まさに俺のことだなって感じですね。でも、AIR GROUPで売れてる人たちは全員そう思っていますよ。それくらいこの言葉はAIR GROUPのことをシンプルに表現していると思います。この言葉にプライドを持って、恥じないように頑張ろうと思っています。

■AIR GROUPのバックアップ力は感じますか?

まだ入ったばかりだった頃から、看板や雑誌のモデルなどに起用してもらえたからこそ、今の自分があるんだと思います。僕自身もそういったお店やグループの期待に応えようと努力してきたことで結果がついてきたので、バックアップ力はすごく感じています。

_TK_3240

■「職業、イケメン。」への思いは?

まさに俺のことだなって感じですね。でも、AIR GROUPで売れてる人たちは全員そう思っていますよ。それくらいこの言葉はAIR GROUPのことをシンプルに表現していると思います。この言葉にプライドを持って、恥じないように頑張ろうと思っています。

■2019年の目標は?

一昨年が年間売上1億8000万、昨年が1億4000万でした。僕の目標としている年間売上2億の壁はまだ突破できていないので、今年はそれを目指していきたいと思っています。そうすれば、自然と後からナンバーもついてくるでしょうしね。

■2019年の目標は?

一昨年が年間売上1億8000万、昨年が1億4000万でした。僕の目標としている年間売上2億の壁はまだ突破できていないので、今年はそれを目指していきたいと思っています。そうすれば、自然と後からナンバーもついてくるでしょうしね。