Vol.10 霧夜 『”自信”と”謙虚”。二つの心』

「スター性がない」そんな風に語りつつ、売上1600万、指名本数151本の記録を持っている。そんな彼の〝芯〟には、二つの強い心がある。

―自身初の1600万を達成した3月はバースデーもありましたが、どんな1カ月でしたか?

めちゃくちゃハプニングがあったんですよ。バースデー当日は、自分の想像とは違う展開が重なって、何でこんなに上手くいかないんだろうって思いました。嬉しかったこと、悲しかったこと、失敗したこと……1カ月間のいろんな感情が混じり過ぎて、正直真っ白ですね。ただ嬉しかったっていうだけではなかったです。

―1000万は意識していましたか?

もちろん! ホストを始めるときに、自分のバースデーで1000万を超えるっていうのが夢だったので。本当は2年前、入店した後のバースデーでいくぞっていう気持ちだったんですけど、それ以前に送りも指名も取れなくて、1000万なんて程遠かったです。タワーをやるのが必死でしたね。

―では今回は満を持して、という気持ちで?

そうですね。一昨年の夏に、初めて店舗で指名本数1位を獲れて、そこから売上も上がってきたので、自分も1000万は絶対に行くなっていう自信があったんです。でも、周りの従業員からも「もう超えてもおかしくないだろう」っていう風に思われていたみたいで、全然褒めてもらえなかったのにはびっくりしました(笑)。

―7月には、霧夜さんの在籍するALL BLACKは1部でグランドオープンしましたが、お店の雰囲気はどうですか?

うちほどイケメンの多い店はないなって
いうのが圧倒的に強いんですけど、それだけじゃなくて、いろんなタイプがいてキャラが被らない。あと、レベルがめちゃくちゃ高いです。僕が入店した頃は、幹部と下の子の差がすごい開いてたんですよ。お客様に着いても上手く喋れないしヘルプもちゃんとできないみたいな。それが今はもう下の子もバンバン送り取るし、皆喋れる子ばっかりですね。

―全体のモチベーションが高いんですね。

幹部はじめ、誰がNO.1を獲ってもおかしくないレベルの高い環境なので、若手の子がそれについてこようと必死で頑張っているからこそ、成長もめちゃくちゃ早いのかなって思いますね。本当に、早く成長したいんだったらALL BLACKに来た方がいいですよ!

―そんな店舗の中で、どんな役割を果たしていきたいですか?

僕はあんまり口が上手くないし、スター性やカリスマ性があるわけでもないので(笑)。地道に努力して頑張っていけば報われるんだよっていう、背中を見せていけるようになれればと。もちろん自分も余裕はないんですけど、後輩の面倒を見れる立場になってきたので、周りを支えたいっていう気持ちが増えてきましたね。

―では、今の自分に足りないものは?

いっぱいありますけど、メンタルを保つことです。僕は、すぐ落ち込んだり喜んだり、気持ちの波が激しくて。落ち込んでるときって、人に対して冷たくなったり、面白いことが言えなかったり、仕事が上手くいかないんですよね。だから、メンタルを安定させるために努力しています。

―どんなことをしているんですか?

いくつかある中の一つなんですけど、最近キックボクシングを始めました。身体を鍛えて強くなったら自分にもっと自信が持てるようになるかなって。それに、欲が出てきたときにボコボコにされると、俺ってまだ大したことないんだなって、欲張らなくなるんですよ。ひたむきに、ちゃんとイチから頑張ろう、努力しようっていう気持ちになれるんです。

―それが記録を作っていけるための秘訣なんですね。

あとはやっぱり、一番高い目標を持ち続けることでしょうね。何かを成し遂げるのって、想像できていないと無理だと思うんです。「なりたい」じゃなくて「なる」っていう気持ちでイメージできていれば、自然と実力が追いついていくので、2017年も常にイメージを高く持って頑張りたいですね。