Vol.13 麗乃 『”移籍”での変化』

2017年2月、歌舞伎町某店より移籍。その月に1100万達成。突如現れたニュースター・麗乃が、記録を達成できた理由。それは、環境の変化によって気付かされた「今までの自分の甘さ」と「新たな刺激」にあった。

―聞きたいことはたくさんあるんですが(笑)。まず、どのような経緯でAIR GROUPに移籍することになったんですか?

元々、歌舞伎町の小さいお店で総支配人をしていたんです。ホストはそこが初めてで、1年くらい働いてたんですけど、なんか楽しさを見出せなくって。辞めようかなって思っていたときに、七瀬さん(AIR GROUPトータルプロデューサー)と知り合って、いろいろ相談に乗っていただいたのがきっかけですね。

―前のお店では1000万達成っていうのはありましたか?

ないですね。ずっと超えたいとは言ってたんですけど、なかなか形としては動かなかったです。だから、移籍してすぐに超えることができてちょっと驚いてます(笑)。

―超えられた理由は何だと思いますか?

普段の僕だったら明らかにキャパオーバーなんですけど(笑)、やっぱり環境の変化には刺激されましたね。このお店はすごいメンバーばっかりで、今まで自分がどれだけ楽してホストしてたかを痛感しました。それに、お客様の質がすごく高いなって感じます。お金を使う気で来てくれるので、一度掴むと何倍も売上が上がりやすいし、ホストを心から応援したいっていう雰囲気がお店全体に広がってますね。

―AIR COLORSのメンバーのどんなところにすごさを感じますか?

うーん、魅せ方ですかね。価値の与え方とか、自分の演出の仕方とか、もう全てが段違いだなって。

―AIR COLORSで働いてみて、今まではなかったと感じるところはありますか?

やっぱり、AIR GROUPって美意識がすごく高いんですよね。肌にも気を遣ってて、エステに通ってる人がいたりとか。そういうところで自分もちゃんとしようっていう意識が生まれましたね。ファッションも、個性的な服がもっと欲しくなったり、オシャレしたいって思うようになりました。

―ちなみに、麗乃さんのお店でのキャラクターは?

……ないんですよね、僕(笑)。こだわりとか、ここだけは譲れないみたいなことって。お酒も弱いんですよ。どこのお店行ってもたぶん僕が一番弱いんじゃないかってくらい。でも、結構喋りますよ。ワイワイするっていう感じではないけど、お客様から相談されたりするので、そういう会話をしていたりとか。

―では、これからお店の中でどんな風に活躍していきたいですか?

指名本数をすごく意識しています。もっと呼べるようになって常に満卓状態にできればお店にとってもプラスだし、それが自分にも繋がるので。自分の為にやってることがお店の為になるって思ってるので、とりあえず自分の為に頑張るってことですね(笑)。

―指名本数にこだわる理由は?

売上だけナンバーに入ってても、指名本数が少ないと、なんかカッコ悪いなっていうか。お客さんそんな少ないのかなって思われるのも嫌ですしね(笑)。やっぱり(鳳条)彪さんが理想のホストだなって思います。売上も指名も兼ね揃えてるホストを初めて見ました。学ぶことが本当に多いです。

―1000万を達成したことで、自分の中で変化はありましたか?

こうやってメディアでも発信してもらえるようになって、ちょっとは自分に価値が出てきたなって感じます。来てくれたお客様が「1000万売ったんでしょ?」って言ってくれたりとか。それだけでも成長したんだなって思うので、移籍して良かったですね。

―最後に、1000万達成して、次のステージは何ですか?

まずは年間1億円を行けるように、今はそれをずっと目指してます。今年を準備期間にして来年行きたいですね(笑)。やっぱり、それこそホストの醍醐味だなって。かっこいいなぁって思いますよね。