【イケメン対談】東雲岳×流星

topimage

大阪で共に働き、
AIR GROUPで再開を果たした2人の対談が実現!

岳は大阪でNO.1を、流星は東京歌舞伎町での更なる飛躍を目指し、
選んだのは奇しくも同じAIR GROUPだった。 現在は異なる地で活躍する2人が、思い出話からお互いの今について語り合う。

毎日一緒にいたから流星 くんのヘルプは誰よりも得意だった。

image3

―お2人は元々大阪で一緒に働いていたそうですが、お互いの印象は?

流星 岳は初めて会ったとき、高校球児……。
 あははははは(笑)。確かにそうやったな。
流星 で、礼儀正しい感じでしたね。
 りゅんりゅん(※流星)とは1年間一緒に働いて、同じ家に住んでたんで、面白いエピソードがたくさんありますよ!
流星 なんか居心地良かったよね。
 僕、料理長でしたもん。
流星 ご飯はそんなに作ってもらった覚えはないよ。
岳 お皿洗いはすごく多かったよ! りゅんりゅんは食べたら皿も下げずに寝ちゃってたから、食器洗って、全部やって……。もう、お母さんやん俺(笑)!
流星 ホンマ甘やかしてくれたよな。母性本能強いんですよ。
 それで毎日一緒にいるようになって、りゅんりゅんの服とかもめっちゃもらったりしましたね。当時はオシャレとか全然分からんかったから、「これ可愛いな」「こういう服が自分は合うな」って教えてもらいましたね。だからりゅんりゅんの服が来るのを待っとった感じです。
流星 (笑)。
 それ着て仕事してるとお客様も「それりゅんりゅん着とったやん」って言ってくれて、ヘルプでも好かれたりとか。りゅんりゅんのことは一番分かってたから、誰よりもヘルプは得意やったんですよ。そこから自分のやることだって覚えられたし。
流星 どの席でも岳付けたら安心できる、みたいな。それが岳のすごいところやな。
 当たり障りがない感じですね(笑)。

どの席に付いても安心できるのが、岳のすごいところ。(流星)

広告力、知名度、お客様の質。AIR GROUPは全て兼ね揃えていた。

image2

―AIR GROUPに入って良かったと感じることは?

流星 僕は大阪から歌舞伎町に来たのでお客様もイチからだったんですけど、今までと同じくらいのスタートが切れました。初回のお客様の質の高さとか飲み直しの引きやすさを見ると、いいお客様が集まってるなって思いますね。
 初回の数も多いし、質もすごく良いですね。それに、今まで断られてたやり方でも飲み直してくれる子が多いから、誰に会いに来たとか担当探しに来たとか、ちゃんとした意思で来てる子が多いと思います。そこはグループとしてのすごさを感じますね。

―それぞれ移籍の際に重要視したポイントは?

 メディアに強いお店に行きたかったです。僕が一生懸命SNSとかで宣伝してた時間をグループがやってくれたら、その時間を自分はお客様や従業員に使えたりするなって考えたりして。やっぱりAIR GROUPって広告媒体やメディアに特化してると思うんですよ。
流星 広告力もそうだし、有名なグループが良かったですね。
 僕もりゅんりゅんも「職業、イケメン。」ってピンの看板ができて、めっちゃ反響がすごいですよ。実際AIR OSAKAに来て、結果出すと全面的に推してくれるし、それで地方からもお客様が来てくれたりするので、自分のモチベーションになりますね。知名度も格段に上がってます!

image1

負けたくないって思ったら、気づけば一番になってた。(岳)

流星くんが東京に行ったからこそ、負けたくないと思った。

―これからAIR GROUPでどう活躍していきたいですか?

流星 最近慕ってくれる後輩が増えたんで、上に立つのもいいなって思うようになってきましたね。
 え、そうなん?
流星 元々SNSを見てくれてた子とかがいて、なんか可愛がってあげたいって。売上30万もなかった子が200万まで上がるくらいになってきたり、めっちゃ成長してますよ。
 すごいなぁ。
流星 今まではそういう気持ちもなかったけど、下の子が伸びたら嬉しいなって思うようになってきたから、自分でできることを何かしたいなって。
 僕は流星くんとはめっちゃ仲良い分、売上も指名本数も負けたくないなって思ったりしてます。実は(笑)。
流星 グループナンバーとかもあるからね。
 流星くんが先月東京行ってから、ホンマにますます頑張ろうって。
流星 先月一番になったよな?
 なりましたね。その理由も流星くんに負けたくないってやってたら、気づけば一番になってたっていう感じだったんで、頑張る原動力って言うんですかね。仮に流星くんがAIR OSAKAやったらお店だけの勝負になってたけど、東京に行ってくれたおかげで、そこで負けたら大阪こんなもんかって思われるんじゃないかって。だから、よりいい刺激を受けて頑張れてますね。
流星 お互いね。
 今回こうやって東京に呼んで頂いて流星くんと会える機会もできたのはAIR GROUPのグループ力なんだなって思いますし、ありがたいです。だから僕も流星くんももっと頑張って、また一緒に何かできたら嬉しいですね。

image4