Vol.15 美咲蓮 『”決意”の達成。』

〝1年以内にナンバーワンと1000万を獲る″という目標を掲げ、歌舞伎町他店から移籍した蓮。その決意を達成できたのは、2016年12月のことだった。彼は今、次なる目標へと歩み始めている。

 ―昨年12月は、1100万達成と同時に初の店舗ナンバーワンを獲得しましたが、記録への意識はありましたか?

僕がグループに移籍したのが1月だったんですけど、『1年以内に絶対ナンバーワンと1000万を獲りたい』と、入店当初から決めていたんです。だから、12月は自分にとって勝負の月でした。グループのイベント〝ドリームナイト〟があったので、代表に「選抜メンバーとして出させてほしい」と伝えました。役職者でもない、ナンバーワンを獲ったこともない状態だったんですけど、達成するならそこだと思ったんです。

―2016年のドリームナイトは、史上初の一夜にして1億円超えという大記録が生まれましたが、初参加の感想は?

華やかで凄いイベントだっていうのは聞いていたんですけど、想像を絶して、凄すぎましたね。実力以上の舞台に出させてもらって、結果2日間で800万以上の売上を上げることができたので、良かったなって思います。

―1カ月を振り返って、どんな月でしたか?

「ドリームナイトで輝きたいんだ」っていう想いを伝えて、お客様も応援してくれました。自分の気持ちに対してのアンサーがぴったり返ってきた月だったので、すごく理想的でしたね。ドリームナイトの時点ではまだ1000万には届いていなくて、その後は毎日売上表を見て(笑)、あといくらで行けるかってチェックしていました。だから、達成した瞬間はめっちゃ嬉しくて、涙腺が緩んで泣きそうになりましたね。

―1年以内に記録を、という決意を持って入店された蓮さんですが、AIR GROUPへの移籍のきっかけは?

もっと大きい舞台に行きたいってずっと考えてて、AIR GROUPに憧れていたんですよね。キラキラしてて、自分もそこに近づきたい、スタープレイヤーの仲間入りしたいなって。

―実際に移籍して感じた、前のお店との違いはありますか?

最近は特に思うんですけど、撮影がすごく増えました(笑)。広告やグラビア、動画でも取り上げてもらえて、それを観てくれた方に『このホストが注目されてるんだ』っていうのをどんどん発信してくれるんですよね。お客様が足を運んでくれるきっかけを、自分の力だけでは行き届かないところまでグループがバックアップしてくれるので、嬉しいです。

―では、AAA GOLDに入店を決めた理由は?

面接に行ったときの雰囲気が良くて、一発で決めましたね。空気感がすごく好きなんです。結構モチベーションが変動するタイプなので、一喜一憂することが多いんですけど、出勤したらすぐ元気になれるお店なんですよ。お客様を送るときも「AAA GOLD楽しかったよ」「今日もありがとう」って笑顔で帰るので、同じように感じてくれるんだなって思います。お店全体が好きって言ってくれるお客様が多いですね。

―お店の中で、主任としてどんな役割を果たしていきたいですか?

幹部はAIR GROUP歴の長い人が多いんですけど、僕はまだ1年半で、ホスト歴も3年くらいなので、新人の子の考えてることが分かるんです。入って1カ月くらいの悩みとか、どんな壁に当たっているのか。年齢が近いのもあって、寄り添いやすい存在なのかなと思います。頼りにされたり甘えられるのが好きなので、後輩の子をしっかり見ていきたいって思っています。

―最後に、ご自身のこれからの目標は?

今、すごく安定感が欲しいんです。バースデーやイベントの月に記録を出すんじゃなくて、不動のナンバーワンであり続けること。負けず嫌いなので、誰に勝ちたい、誰にも負けたくないっていう思いが強いんです。だから、AAA GOLDっていったら蓮だよねって、周りからも認められるくらいになりたいですね。